超硬エンドミル ユニオンツール ラジアス 【357-4482】 CRRS4120-20-36 φ12×コーナR2 その他
超硬エンドミル ユニオンツール ラジアス 【357-4482】 CRRS4120-20-36 φ12×コーナR2 その他
357-4482-18383
10,905円 20,654円


■生材から55HRCに適し、UTコーティングで長寿命です。
■不等分割、強ねじれ、ポジティブすくい角設計で安定した加工が可能です。
■ヘリカル・傾斜などのアプローチで切削抵抗を抑える刃型設計です。


■被削材:アルミ合金、プリハードン鋼、焼き入れ鋼(~55HRC)、炭素鋼、合金鋼、鋳鉄、銅(湿式)、チタン合金、超耐熱合金。


■コーナ半径(mm):2
■刃径(mm):12
■刃数:12
■刃長(mm):12
■全長(mm):120
■シャンク径(mm):12
■表面処理:UTコーティング
■有効長(L1):36
■外径(D):12コーナ半径(CR)R2
■シャンクテーパ角(Bta)
■ねじれ角45°
■UTコーティング
■ISO14001認証取得工場製
■2枚刃高能率ロングネックラジアス(生材~55HRC用)CRRS
■質量:884G


■超微粒子合金(スーパーMG)


■発注コード: 357-4482 ・ 3574482
■メーカー: ユニオンツール(株)
■名称: ユニオンツール エンドミル
■品目: CRRS41202036
■カナ: ユニオンツール チョウコウエンドミル ラジアス パイ12XコーナR2
■オレンジブック 掲載ページ数: 1 0541
■分類: 切削工具 ・ 旋削 ・ フライス加工工具 ・ 超硬ラジアスエンドミル

中津テント 体育館用品 ゴムマット トレーニングマット ホッピングマット200 電動ポンプ 手動ポンプ付15m YNG-215

ビジネスシーン・文書
中津テント グラウンド用品 集会テント ワンタッチテント ステージテント2040 PZA-2040




相手に資料や書籍などを渡して参考にしてほしい時に「ご参考にしてください」という言葉を使うことがあります。この言葉は正しい敬語かどうか気になる方も多いのではないでしょうか?

【体育館用品 設備・備品 TOEI(トーエイ)】 [送料別途]軽量エコカラーノンスリップマット 5cm厚/120×240×5cm(T-1861)




そもそも「参考にする」とは

そもそも「参考にする」とは、情報を手掛かりに、考えたり決めたりする時に判断する材料とすることです。その資料や書籍など目に見える数字や文字だけでなく、その内容を取り入れて活かしていくことが「参考にする」ということになります。

 

【体育館用品 設備・備品 TOEI(トーエイ)】 [送料お見積り]防水ポリエステル帆布二つ折りエバーマット屋内外兼用/200×400×50cm(G-1551)

「参考にする」の間違った使い方

そのため、会議などで使用する議題の資料などに関しては「ご参考にしてください」という言葉は間違った使い方になってしまいます。

 

「参考」は相手が有効性を判断するものなので、会議の資料に関しては「参考」という言葉ではなく「ご覧ください」「ご参照ください」という言葉が適切です。

 

【体育館用品 設備・備品 TOEI(トーエイ)】 [送料別途]防炎抗菌エバーマット屋内用(G-1459)専用交換袋・外被のみ/ポリエステル帆布/ノンスリップ(G-1459A)

 

「ご参照ください」は、その資料などを見れば明確にわかる文字や数字など目に見えるものを説明する時に使用します。会議の中で「参考」という言葉を使う場合は、議題に関係する別添資料がある時などに「別添の資料もご参考にしてください」というように使用します。

超硬エンドミル ユニオンツール ラジアス 【357-4482】 CRRS4120-20-36 φ12×コーナR2 その他

「ご参考にしてください」に似た言葉使いに「ご参考ください」という言葉もありますが、「ご参考ください」というのは日本語としては間違った使い方です。

 

「参考」は名詞なので、「する」という動詞をつけても「参考する」という動詞にはなりません。「ご参考ください」は「参考する」という言葉の敬語表現にはなりますが、「参考する」という言葉自体が日本語の表現として間違っているため「ご参考ください」という言葉も日本語の表現としては正しくありません。

「参考にする」正しい使い方

「参考する」という言葉は「参考」と「する」の間に助詞の「に」を入れて「参考にする」表現が正しい使い方です。

 

「~する」というサ変動詞を尊敬語にすると「~なさる」です。そうすると「参考にする」は「参考になさる」となり「参考になさってください」というのが文法的には敬語表現となります。

 

しかし、「ご参考になさってください」では、元の形が「参考にする」の連用形の「参考にして」と「くれる」という動詞になります。

 

「くれる」は命令形「くれ」ということになるので「参考にしてくれ」という命令形になってしまいます。「して」を「なさって」、「くれ」を「ください」と変えてしまうと二重敬語にもなってしまいます。

 

そのため「ご参考にしてください」の「してください」であれば「して」「くれ」の正しい敬語表現となります。また「ご」は丁寧語の一種で名詞を美化するものであるため、つけてもつけなくても間違いではありません。

「参考にする」を敬語にする場合には

「参考にする」を敬語にする場合には、「参考」という名詞よりも「する」という動詞を尊敬語にする方が適切な表現になります。

 

ただし、「してください」は「くれ」が元の形であることから命令形の意味合いがあります。そのため、「ご参考にしてください」の「してください」は、情報を提示する側が、情報の受け手に対して恩恵を与えるという表現に受け取られる場合があります。

 

中津テント 体操 運動マット 白帆布 Bマット60mm合成スポンジマット B-969

 

「ご参考にしてください」は間違った使い方ではありません。しかし、場合によっては、相手に対する敬意を表現できる表現に変えるなど注意が必要です。

アルフレッド ダナー Alfred Dunner レディース ボトムス・パンツ 【Petite Anchor's Away Pull-On Pants】Navy【中古】 愛するということ / アン メイジャー, 青山 陽子 / ハーパーコリンズ・ ジャパン [新書]【宅配便出荷】
【中古】THE NORTH FACE◆THE NORTH FACE/マウンテンパーカ/M/ゴアテックス/RED【メンズウェア】
ROYAALBLUE.COM RSS